メニュー

ピロリ菌について

ピロリ菌とは?

ピロリ菌は胃の粘膜にいる細菌です。正式名称はヘリコバクター・ピロリです。通常、胃は胃酸により強い酸性になっており細菌は住み着くことができません。しかしピロリ菌はウレアーゼという酵素を持っており、胃粘膜の成分である尿素を分解しアンモニアを生成します。このアンモニアで自分の周りを覆い、胃酸を中和させるので胃の中でも生育が可能なのです。

 

どうやって感染するの?

どうやって胃の中へ感染するのかは分かっていません。なんらかの原因によって口から入り胃の中へ感染するようです。またピロリ菌はほとんどが乳幼児の時期に感染するようです。日本では以前は井戸水の使用が原因の1つとして考えらています。衛生状態が改善している現代では乳幼児期にピロリ菌に感染している保護者から離乳食を噛んで与えることが感染経路の1つとして考えられています。

 

ピロリ菌が感染していると何が起きるの?

ピロリ菌感染と慢性胃炎、萎縮性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍。胃がんなどの病気は密接に関連しています。

胃潰瘍、十二指腸潰瘍の方の多くはピロリ菌に感染しており、ピロリ菌を除菌することで潰瘍の再発が大きく低下します。ピロリ菌感染は胃がんの大きな原因の1つです。ピロリ菌に感染していない人に比べて感染している人は胃がんになる可能性が3倍近く高くなります。ピロリ菌を除菌することで胃がんになるリスクを1/3程度に減らすことができます。

 

診断について

まずは内視鏡(胃カメラ)を行ないます。内視鏡を行ないピロリ菌に関連したと考えられる胃炎などが確認された場合にピロリ菌の検査を行ないます。ピロリ菌検査には血液検査や便を使った検査などがありますが、当院では尿素呼気試験を行なっています。この検査は体への負担もなく簡単に行える検査です。

 

治療について

kusuri_nomu

尿素呼気試験にてピロリ菌感染が分かった場合にはお薬での除菌治療を行ないます。1種類の胃酸を抑えるお薬と2種類の抗菌薬(抗生物質)を1週間内服します。副作用として下痢や薬疹(湿疹)、肝機能障害などが出る場合があります。副作用が出た場合には適切に対応をいたします。内服がすべて終了したら間隔をあけて再度尿素呼気試験を行い除菌が成功したかどうか判定します。最初の治療ので成功率は70~80%です。残念ながら最初の治療で除菌出来なかった場合には、抗菌薬を一部変更し再度1週間の内服を行ないます(二次治療)。二次治療までしっかり行えばほとんどのケースにて除菌は成功します。

 

除菌が成功したあとは?

胃

ピロリ菌が成功しても胃がんや胃潰瘍などの発生リスクは下がりますがゼロにはなりません。除菌終了後も内視鏡などで定期的な検査を受けていくことが重要です。

 

当院では第2、第4土曜日の午後に胃カメラを行なっています。胃もたれなどの症状のある方、胃の検査を定期的にされていない方、バリウム検査で胃炎などを指摘された方などはぜひご相談ください。

 

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME