メニュー

冬は血圧が上がりますか?

[2018.11.11]

〇冬は血圧が上がりますか?

寒さにより全身の血管が収縮するため、一般的には冬場は夏場より血圧が上がりやすくなります。また寒さによる運動不足や塩分を多くとりがちになることも原因の1つと考えられています。

冬は血圧が上がりやすくなることから、心筋梗塞などの心臓の病気や脳梗塞、脳出血などの脳の病気が多くなります。厚生労働省のデータ(平成16年度)によりますと心臓の病気、脳血管の病気による1日あたりの死亡数は6~8月に比べて12~3月までの冬場で明らかに多くなっています。一番多いのは1月です。

〇冬に注意することは何ですか?

温度の変化による血圧の急激な上昇が心筋梗塞や脳梗塞の引き金になることがあります。外出時には暖かい服装をして防寒対策に努めましょう。入浴時はできれば脱衣所にも暖房をおいて暖かくしておきましょう、寒いところから急に熱いお風呂に入るのもよくありません。39℃~41℃くらいのお湯にゆっくりとつかるようにしましょう。洗顔や手洗いも冷たい水よりも温水で行うことがすすめられます。

年末年始は忘年会、新年会などが多くなり塩分も多く摂りがちです。お醤油のつけすぎや締めのラーメンなどに気を付けましょう。運動も大事ですが寒い中を薄着での運動はすすめられません。屋外で運動をする場合には暖かい恰好をしましょう。

もともと高血圧治療中の方で冬に血圧が高くなる方は冬のみ血圧のお薬を増やしたり追加することもあります。

00000351

 

そろそろ冬本番です。血圧に注意して元気に冬を乗り越えましょう!

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME