メニュー

血液検査で「がん」は分かりますか?

[2019.07.24]

ときどき患者さんからこのような質問を受けることがあります。腫瘍マーカーという言葉を聞いたことはないでしょうか?がんが体の中にできるとさまざまな物質が血液中に分泌されます。大量に分泌されると血液検査を行なった場合に、がんでない方と比べて高い数値となります。このような物質をまとめて腫瘍マーカーと呼びます。

 

〇腫瘍マーカーの種類

腫瘍マーカーにはCEA、SCC、CA19-9、ProGRP、NSE、CA125、PSA、AFPなど様々な種類があります。がんによって高くなる項目は異なります。例えば肺がんの場合にはCEAやProGRP、NSEなどが高くなることがあり、前立腺がんではPSAが高くなります。

 

〇腫瘍マーカー測定はがんの早期発見に役立つ?

結論から言いますとあまり役に立ちません。早期のがんでは腫瘍マーカーは上がらないことが多いからです。逆にいうと腫瘍マーカーが高い場合にはある程度がんが進行している場合が多いです。また体にがんができていなくても腫瘍マーカーが高くなることもあります。例えば喫煙される方ではがんがなくてもCEAという腫瘍マーカーは高くなる傾向があります。

 

〇腫瘍マーカーはどういうときに測るべき?

ではどういうときに腫瘍マーカーは役立つのでしょうか?1つはすでにがんの治療を受けている方で、治療の前後の腫瘍マーカーの数値を比べることで治療の効果が出ているかの参考に使います。また手術などの治療が終了した場合には、定期的に腫瘍マーカーを測定し、数値が高くなってくるようであれば再発の可能性があり、精密検査をします。このようにがんの治療中の方や治療が終了し経過観察中の方では腫瘍マーカーを測るということは非常に重要です。

 

〇将来的には血液検査でがんは分かりますか?

 血液中のマイクロRNAという物質を調べることでがんの早期発見を行なうという研究が国立がん研究センターなどを中心にすすんでいるようです。近い将来には本当に血液検査でがんの早期発見、早期診断できる時代が来る可能性があります。

 

残念ながら現状では血液検査でがんの早期発見は難しいです。人間ドックや健康診断で腫瘍マーカーを測る場合もあると思いますがあくまで補助的なものと考えてください。レントゲンやCTなどの画像検査、超音波検査、内視鏡検査などががんの早期発見に対して基本となる検査です。

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME