メニュー

ぜんそくの治療

ぜんそく

気管支ぜんそくは空気の通り道(気道)に炎症が持続し、さまざまな刺激に気道が敏感になって発作的に気道が狭くなることを繰り返す病気です。

呼吸困難の発作や喘鳴(ゼーゼーやヒューヒューと音を立て息苦しくなる状態)、咳などの症状をおこします。夜間や早朝に出やすいのが特徴です。このような症状を繰り返している方はぜんそくの可能性が高く、受診をおすすめいたします。

治療について

治療には大きく分けて、気道の炎症を抑える治療(吸入ステロイド)と気道を拡げる治療(長時間作用型β2刺激薬など)の2つがあります。治療により喘息の症状が改善しても気管支の炎症は長期間残ります。このため症状が良くなったからとすぐに治療をやめてしまうと、また発作を繰り返すことになります。時には入院が必要になる大きな発作を起こしたり、また発作を繰り返していると気管支の壁が厚くなりお薬がだんだん効きづらくなってくることがあります。このため定期的な通院、治療の継続が非常に大切です。

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME